|CCF STYLE|山梨の注文住宅・デザイナーズ住宅なら不二建設

お問合せ TEL:055-237-3201【営業時間】9:00~17:00 【定休日】なし 暮らすことを愉しむために 不二建設株式会社
  1. HOME
  2. 商品ラインナップ
  3. CCF STYLE

遮熱 + 床下冷暖房 CCF STYLE

真夏のじっとりする蒸し暑さ、長く続く寝苦しい熱帯夜、体の芯まで冷え暖かい布団から起きだすのがひどくつらい冬。
山梨に暮らすには山梨の寒暖さが大きい気候を理解し、相応の機能をもつ住まいとする必要があります。
「CCF STYLE」をシステムとして組み込みブランドFのデザイン性と掛け合わすことにより住みごごちNO.1の住まいをご提案致します。

床下冷暖房+全館空調システム 四季を問わず1年中、健康的で安らぐ暮らしを

冬 冬

※画像をクリックすると大きくなります。


床下冷暖房+全館空調システム 四季を問わず1年中、健康的で安らぐ暮らしを

夏の暑さ対策

太陽から降り注ぐ太陽光線は、地球上のあらゆる物体を発熱させます。太陽光線の正体である『電磁波』は、物体の表面分子を振動させ、振動した物体は熱を発するようになります。そして物体で発生したその熱は輻射熱として他の物体に移動していきます。
熱移動の75%を占める『輻射熱』を遮断する遮熱工法で、その遮熱素材として用いられるリフレクティックスの熱反射率は99%です。一方、発泡系断熱材の熱反射率は10%です。
断熱材は熱を断つ材と書きますが、実際にはそのほとんど(90%)の熱を吸収し、内部に蓄積していく素材です。このため、夏の昼間に太陽光線(電磁波)によって熱せられた建物や断熱材が夜間になって外気が冷えても蓄えられた熱が輻射熱となって放出されるので外気よりも室内の方が暑いという現象が起こります。
熱を蓄える断熱材と、熱を反射するリフレクティックスの特性を利用し、冷房エネルギーを断熱材に蓄え、外気の影響をリフレクティックスで最小限にしながら冷房効果を持続させていく構法です。

冬の寒さ対策

ヒート・バリア構法の遮熱素材、リフレクティックスは冬の冷たい外気に対しても効果を発揮します。
室内側にある断熱材はその特性から室内の暖かさを蓄えます。そしてその蓄えた熱を外部に逃がさないよう、外側にある熱反射率99%のリフレクティックスが冷たい外気の影響を最小限に抑えます。

夏涼しい遮熱材(リフレクティックス)のサーモグラフによる検証 断熱材と遮熱材(リフレクティックス)の違い 図

世界基準、「ホウ酸deあんしん施工」とは。

自然素材で人にも優しい「ホウ酸を使った防蟻剤」による施工です。それは木の住まいを人に優しく健やかに、生涯コストを抑えた長寿命住宅とするための考え方です。この「ホウ酸での施工」は欧米やハワイなど海外でも広く採用されており、世界のスタンダードとして地位を確立している施工方法です。

ホウ酸deあんしん施工 4つのメリット

① 大切な木造住宅の寿命を大幅に延ばす。② 5年ごとのシロアリ防除処理が不要のため、経済的。③ 室内の空気が汚れないのでシックハウスにも安心。④ 万が一口にしても大人から赤ちゃんやお年寄り、ペットまで安心。


施工事例


地場のヒノキで建てるわけってなんだろう?

南部の木 南部材(檜)を利用した在来軸組工法

お問い合わせ・資料請求 家づくりの力になります! お気軽にお問い合わせください!

TEL:055-237-3201【営業時間】9:00~17:00【定休日】なし

お問い合わせ

見学会のイベント資料がほしい 商品カタログがほしい 資金について相談したい 住まいのプランを提案してほしい 新しい土地情報がほしい 勉強会&相談会の資料がほしい